What’s DESIGN?

デザインって何?
その問いかけはいつも真っ先に、自分たちに向けられている。

何となくかっこよければいい。
何となく耳障りのよいフレーズがあればいい。

…残念なことに、そんな風にどこか表面的に、どこか安直に捉えられることは確かに多い。

けれど。

制作という世界にほんの少し長く身を置いてわかったことがある。

デザインとは“対話”だということ。

さまざまな想いや夢、言い尽くせない情熱。
伝えたい何かを、届けたい人のもとへ。
ちゃんと届ける。一方通行ではなく。

そう、デザインはコミュニケーションそのものだ。
伝えたい何かをカタチにして、「世界へ語りかける声にする」ことだ。
発した声はその先で、小さな相互作用を起こし、思わぬ化学反応を生み出したりする。
最も価値があるのは、デザインの“先”に存在するその瞬間。

改めて思う。
デザインは対話から生まれるもの。
そして対話を生むもの。

さあ、デザインで世界と。対話しよう。